本文へスキップ

生月島の観光をサポートしています

電話でのお問い合わせは0950-53-0516

〒859-5703 長崎県平戸市生月町里免657-3

観光タクシーTAXI 


料金と時間 ◆生月島の景勝地 ◆殉教地由来(言い伝え)


 生月島の史跡とキリシタン殉教地、各景勝地をドライバーが案内いたします。
 巡回コースの組み合わせは自由です。ご都合に合わせて巡回プランをご提案いたします。
 なお、ボランティアガイドの方も手配できます。

※だんじく様を含むコースは、徒歩移動が伴うため1時間プラスになります。

  お気軽に電話 0950-53-0516 までご相談ください。    

料金と時間

時間コース  車種  定員  料金
 1時間コース  小型タクシー  4名  \4,600
 〃  ジャンボタクシー  8名  \7,000
 2時間コース  小型タクシー  4名  \7,400
  〃  ジャンボタクシー  8名  \11,300
 3時間コース  小型タクシー  4名  \11,300
  〃  ジャンボタクシー  8名  \17,000

     ※ボランティアガイドは別途料金をいただきます。


 ◆コース組み合わせ例


  <2時間コース例> 〜景勝地巡り〜

 生月壱部桟橋 〜 益富家 〜 益富捕鯨納屋跡 〜 牧集落 〜 牧の公園 〜
 大バエ灯台 〜 塩俵断崖 〜 方倉水天宮 〜 (サンセットロード) 〜
 石原橋展望台 〜 (鷹巣トンネル) 〜 長瀬灯台(はなぐり洞門)※ 〜
 風の辻くるくる公園 〜 生月大魚籃観音 〜 島の館 〜 道の駅

  ※はなぐり洞門は見えません。


 <3時間コース例> 〜殉教地巡り〜

 一部バスターミナル 〜 お屋敷山 〜 一部教会 〜 焼山 〜 アントー様※1 〜
 幸四郎様 〜 (サンセットロード) 〜 (だんじく様)※2 〜
 山田教会 〜 ガスパル様 〜 千人塚 〜 八体様 〜 島の館 〜 道の駅

  ※1 通路は整備されておりません。
  ※2 約1時間以上かかります。急な坂道の往復です


  ※上記はコース例ですので、お客様のご都合により様々な組み合わせが可能です。

生月島の景勝地

益富家と捕鯨納屋場跡

 九州再西北端のいきつき島は江戸時代・享保年間(1725年)より明治6年(1873年)まで日本最大の捕鯨組・益富家の本拠地でした。島の北側に位置する御崎浦一帯に捕鯨納屋跡が有り、解体場・油納屋・骨納屋・筋納屋・髭納屋といった色々な加工場や、船の製作・修理、また網干場も有り大規模な基地で最盛期には3000人以上の人が働いていました。
鯨一頭で七つの浦が潤うと言われていた様です。


小型バス

大バエ灯台

 昭和33年1月25日に初点灯する。天気のよい日は遠くは壱岐・対馬を望む事ができ、また平成14年3月26日、展望台を設け一段と遠望を楽しむことができるようになりました。
 夏の夜は漁火で海の銀座の様です。また大バエは渡り鳥の通過する交差点でも有ります。海岸付近ははまゆうの現生地です。


 

塩俵の断崖

(塩俵柱状節理)
 玄武岩の柱状節理で六角柱状です。西海国立公園となっていて長崎景勝百選にも指定されています。高さ20m南北に500mと続く岩姿です。また陽が当たると神秘的な岩肌となります。



生月大魚籃観音

 生月大橋からも見える大魚籃観音。ブロンズ像としては日本屈指の大きさです。(高さは18m・重さ150トン)
 1980年(昭和55)に漁業の安全と海難者の供養のために建立されました。

大型バス 

各殉教地由来

 

  各殉教地由来(言い伝え)はこちらから。



料金と時間 ◆生月島の景勝地


生月自動車有限会社

 〒859-5703 長崎県平戸市生月町里免657-3
 TEL:0950-53-0516
 FAX:0950-53-0757

生月たろう